CFNMサークル・オフ会・パーティ 手コキ|RED home

後輩に弱みを握られて公開オナニーさせられた話


後輩に弱みを握られて公開オナニーさせられた話

高校生のときの話だ。
当時僕は野球部で頑張っていて、たぶん人生で一番頑張った日常だったと思う。

僕たちの野球部はお世辞にも強豪とはいえなくて、けれど、甲子園まで後一歩というところまで来ていた。
もちろん、僕たちの頑張りもあったのだろうけど、監督の成果が大きかったように思う。

だから僕たちは監督にとても大きな恩義を感じていて、いつしか監督と一緒に甲子園に行きたいと思うようになっていた。
その日の試合は大接戦だったけど、なんとか勝利。
甲子園まで、本当に後一歩まで来れた。

夕方のこと、僕は後輩の女の子に誘われて遊びに行った。

その子は野球のみんなにとってはアイドルみたいなもので、個人的な誘いを受けたとき、僕はどこか優越感を覚えたのを覚えている。

けれど、それが間違いだった。

舞い上がった僕は、彼女に乗せられるままお酒を飲んでしまったのだ。
そしてその瞬間を携帯で撮影され……

彼女は笑った。

「先輩、お酒飲んじゃいましたね。
ネットにばらまいちゃおっかなぁ」

今ほどネットが発達してなかった時代だけど、彼女が何を言わんとしているのかはわかった。
もしも飲酒画像がばらまかれたら――僕たちは間違いなく甲子園に出られない。

これは僕だけの話ではなかった。
僕の身勝手な飲酒で、チームメイトの夢を、監督の夢を、諦めるわけには行かない。

「なんでもするから、お願いだ、見逃してくれ」

また彼女が笑い、そして言う。

僕は数年が経った今でも、彼女のその、悪魔のような笑みを忘れていない。

思い知らされたものだ。
彼女は僕に、僕たちに好意なんかもっちゃいない。

ただ踏み躙り、快感を得るための道具でしかなかったのだ。

僕はそれから、彼女の指示通りにオナニーをはじめた。

彼女の部屋の真ん中で、女の子の臭いに包まれながらちんぽを扱いた。
顔は熱く、胸は苦しくなり、自分の情けなさに涙が溢れてくる。

「せんぱぁい、なぁに、なきながらオナニーしちゃって。かっこ悪いです」

彼女の棘を含んだ言葉が僕に刺さり、耐え難い屈辱が僕の心をめちゃくちゃにした。
それでも手を止めることは許されず、僕は何も考えないようにしてオナニーを続けたのを覚えている。
そうして、僕は彼女の目の前で射精した。

その後彼女の連絡先を渡された後――

僕の屈辱は、これで終わりではなかった。
今その場で、はじまったのだ。